新着ニュース
--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年10月09日

●ドナルドは誰に殺されたか…

ドナルドは誰に殺されたか…ドナルドは誰に殺されたか…
以前から不可解とされていた、ドナルドの日常について貴重な映像を手に入れました。いたるところで食料が簡単に手に入る日本。そのなかで、マクドナルドを初めとするとファーストフード業界とコンビニ業界が今まで水面下で何度も激しい戦いを繰り広げてきたことは間違いありません。大阪でケンタッキーの人形が道頓堀に投げ入れられるのも、阪神ファンに紛れるコンビニサイドの人間が行ったということはもはや明白であります。なるほど、今回の情報で明らかになることは多いですね。


■リンク先:SWFBLOG

関連動画:今回の情報を元に今までの映像を振り返る。

ドナルドのランランル~~♪
この映像は、ただの子供騙しの遊戯かと思われていたが、おそらくコレは仲間同士を手早く見分ける合図だったと推測できる。また子供を取り込む(洗脳する)ことでの長期化が予測されるこの戦争を有利に進めようとしたことが予想される。

ドナルドの錯乱!?最後には…
以前、社会に大きな反響を呼んだこの映像。我々は以前まで間違った見方をしてきたものと言えるだろう。この映像の真実としては日々武闘派ニートをバイトとして雇い戦力拡大するコンビニ業界サイドに対し、より強力な連携をとる為に、マクドナルド広報兼軍総督の二代目ドナルドさんが自ら果敢にも他のグループを訪ねていく所を撮ったものだと思われます。
この最後に映る無残な姿。これはその後、何処からか飛んできたペイントボールがヒットし、洗い流そうと池に飛び込んだドナルドが心臓麻痺を起こした痛ましい事故の5分後の映像です。まだ寒い3月のことでした。ペイントボールは現在防犯として、ほとんどのコンビニにおいてあるそうですが、そのことに関しては両陣とも口を閉じて何も語らないそうです。
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。